私たちの生活には利口な生地が存在しています

07/01/2016 AquaClean Technology

皆さんがご存知のように、機械や医学、科学、セキュリティなど、科学やテクノロジー面が大きく進歩しており、なんでも可能な携帯電話やロボットの腕を使用しての手術、指紋認証などが私たちの生活の中にあふれています。

decoracion_2

しかし、テクノロジーはこういった面だけではなく、生地の分野においてもたくさんの進歩をとげています。研究室でデザインされた素材や、研究者によって改良され作られた繊維などはほんの一部です。最新の進歩ではサイエンスフィクションのような素晴らしいものもあります。もしかするとあなたのソファの生地となるかもしれない、そういった生地のイノベーションの一部の例を今日は挙げてみましょう。

特別なシチュエーションのための特別な生地たち

テクノロジーの進歩とともに、人は月に行き、武器の機能は向上し、気候についての研究も進められ、人はアパレル面でも意識向上し、パジャマで外出するのは良い事選択ではなくなりました。

そういう理由から驚きの生地や繊維が作り出され、素晴らしいニッケルのナノファイバー、銅や銀、とても柔軟なものや人間の目では感知できないものなど、大きな差を見せながら各場面で活躍しています。

明らかに研究面でもっとも力を入れている1つは洋服の生地で、軍隊関係では彼らのユニフォ-ムや資材に取り入れるために常に最新の物について敏感です。

そういった意図と共に衣服を作り出し、たとえば環境との共生、つまり"場面によって色を変える"と歌でも歌われているように、より高い保護性のものや、軍内でのコミュニケーションのため生地が開発されています。

decoracion_3

特別な航空分野においても同じことが起こっており、絶対に必要で重要な宇宙飛行士の服にそのような生地が使われています。安全面といった意味だけではなく着心地が良いものを提案しつつ、宇宙に出たときのこともよく考慮されています。また人が行うべき環境の悪いコンディションでのいろんな任務についても同じで、衣服やスーツ、特別な紙で遊んでみたり、火から身を守るためのもの、寒さや湿気を感じさせないもの、放射能を防ぐためのものなど可能性は無限です。

健康のために生地は重要です

今まで、極端なシチュエーションについてお話してきたことは、多分ほとんどが私たちにはあまり関連のないことですが、医学の分野で考えてみるとたった1枚の生地が命を救うこともあります。

前世紀を通してスポーツ選手がプロになると共にその周りでは産業が発達し、この場合スポーツブランドを指しているわけではありませんが、どういったものを使用するのか考慮するようになりました。例えばインナーウェアはいろいろな体系に対応し、フィリップスの研究者が行ったように、心臓疾患に関する問題を警告してくれたりもます。

decoracion_4

例えばベルギーの生地に関する研究所では(Centexbel)体が麻痺した人たちのリハビリテーションの助けとなるような生地について研究されています。テクノロジーがベースとなりファイバー生地を通して麻痺

した部分にマイクロカレント療法で刺激を送るという治療が行われています。

可能性であふれている世界...

ですが生地のテクノロジーの革命はもっと先を目指し、モードや生地やデザインと同じく、私たちにとても近い市場に出回っています。今現在、気温や光によって変わったり、生地本来がかもし出す香りにより蚊を寄せ付けない生地、マイクロカプセルであふれた繊維を元に作られた洋服なども存在します。(®evolución mofeta).

decoracion_5

また、生地や繊維のテクノロジーや革新は研究所を飛び出しました。モードの世界ではフランス人の Olivier Lapidusのようなデザイナーは、モードに最新のテクノロジーを導入し、生地の温度を調節できるジャケットを作り出し、スタイリストの Elisabeth Senneville は汚れた空気の洗浄作用がある生地について研究しています。

decoracion_6

別の生地のリノベーションのわかりやすい例として(www.aquaclean.com/ES_es),特別加工された生地の張替えの繊維、あらゆるしみや汚れを数分で少量の水だけで落とすことができるアクアクリーンテクノロジーは、それを作り出した私たちの研究所でご覧になることができます。(www.aquaclean.com/ES_es/que-es-aquaclean)

ご覧のようにテクノロジーは機械やデバイスの分野だけで活躍しているのではなく生活をより快適で安全な毎日にするため私たちの周りにあふれています。