多彩な色の生地、無地や模様入り・・・どんなニーズにも対応します

24/11/2015 AquaClean Technology

装飾の世界でもクローゼット内の洋服の流行のように、私たちの生活をより快適にするためや、私たちの空間がいつも快適であるように、いろんな流行の足跡を残してきました。

今回は生地と張り替えが今年2015年とても流行しているということについてお話ししたいと思います。市場には大変多くの種類があり、生地選びは空間作りの最大のカギとなり、私たちの提供する生地でソファや椅子、カーテンを変えてみると、質が良いのはもちろんのこと、広くなったように感じられ、簡単に新しい雰囲気になり今までとは全く違った空間を作り出せます。

tejidos-aquaclean

水だけで汚れが落とせる生地、アクアクリーンのコレクション、ミスティックは60色以上のカラーからお選びいただけます。

たくさんの種類の生地で迷わないように、家中の(模様替え)レイアウトのお手伝いをしましょう。紙とペンを準備してメモしてください。

最初に今年2015年の流行色から始めましょう。:マルサラです。パントン(世界で使用されている色見本帳)からの選択で、スパイシーな赤土色はとてもきれいで、シシリア地方のワインからひらめいたため、この名前がついています。暖かさを感じさせる色で上品で洗練されおり、どんな空間やどんなスタイルとも組み合わせやすいという利点があります。

有名なデザイナーたちは、クッションやカーテン、ベッドカバーやその他いろいろ、きっとどこかでご覧になっているはずですが、無地と同じく模様入りや刺繍入りもマルサラの生地を使用することを提案し始めています。

デザインと共に、模様入り、幾何学模様、ボーダー、ジグザグ模様、お花模様や絣織物はマストアイテムです。こういった模様はミニマリストのスタイルにぴったりの組み合わせができ、シンプルなコーディネートの中でも個性を活かしつつ、暖かい空間を作り出せます。

生地はエスニックやエキゾチックがトレンドです。コットン、麻、シルク、フェイクファーや馬の毛に似せたベルベットなどがあり、中間色に別れを告げ多彩な色や多彩な生地にトライしてみましょう。つまらない空間やモノトーンはやめ、今までと違ったものが流行です。創造力は力なり!

post-3

水だけで汚れが落とせる生地、アクアクリーンのコレクションマツエ(55)ブック16のファッション&ラブby Visual Texturesをご紹介します。

お感じのように、カギ針編みの技術やマクラメ編み、編み物は流行のホビーでノスタルジー感やビンテージ感を感じられます。生地は本来の主役性を取り戻し、デコレーションに不可欠なものとなります。見た目においても使い勝手においても大きな差があり、最新のトレンドの重要なポイントです。

使い方と空間や機能を配慮した特別の生地があり、シミを避けたり水滴などをはじいたりしますが、そのために好みのスタイルをあきらめる必要はなく、知識ある専門家に両方の希望を満たす方法を尋ねてください。

つまりこの2つのワードを覚えておいてください:多彩な生地と多彩な色、です。この2つが今年だけではなく、パーフェクトな生地を探すにあたってのキーワードで、トレンドとして続いていくでしょう。もし家の(模様替え)レイアウトをお考えなら、これがあなたの夢の家を作るためのカギとなり、ソファは今までになかったような中心的な物となるでしょう。