ソファと引っ越し

21/09/2017 AquaClean Technology

遂に理想的なアパートが見つかりました。 巣立ちのときを迎え、いよいよ独り暮らし(一人ではないかもしれません)を開始するときが来ました。 それが祝福を意味するか、まさに拷問を意味するかはわかりません。 哲学的な見方をしてユーモアで対処することをお勧めします。引っ越しでは、後に夕食の席で友人に話すのに最適なエピソードが生まれやすいからです。

Decoracion1

Naomi (55) Matsue (55)」コレクション(Visual Textures by Aquaclean」のブック16

引っ越しには良い点と悪い点があります。 楽天的な人は引っ越しを、これまでの人生を見直すための絶好のチャンスだと受け止め、もう要らないか必要のない物のすべてを処分して新鮮な気持ちで新しい家での生活をスタートさせます。

逆に、すべてが暗い灰色に見えてしまう悲観的な人は引っ越しを悪いことと捉えます。 その場合私たちは次のような忠告をします:現状をそのまま維持しましょう。そうでないとつらい思いをするからです。

Aqua_1

いくつもの箱(よく整理したはずですが、決して十分ということはありません)を運ぶのは大変ですね。けれども、家具はどうでしょう? 例えば、ベッド、棚、整理タンス、椅子、アームチェアやソファなどはどうしたらよいのでしょうか?

パーツごとに分解できる場合はそうした方が輸送が簡単になります。ただし、組み立てる際はネジ1本余ってもいけません。 分解できない大きな家具を動かす場合は友人に手伝ってもらいましょう。そのための友人ですよね。

この短い導入部の後は、不慮の出来事が起こることなく新しい家を満喫することを最終的な目的として、引っ越しをかなり楽にし、家具の王様であるソファが目的地に安全に到着するようにするためのヒントをお届けします。 ご注目ください。

引っ越しに備えてソファを分解する方法は?

あなたのソファについてあなたほどよく知っている人はいないはずですが、それではソファの分解の仕方をご存知ですか? そうでない場合、「手助け+ 友人 = ソファ + ピザ」の戦略は大抵功を奏します。ですから、梱包用のプラスチックローラーを用意し、住所録を目を凝らして見てみましょう。

Aqua_2

幸いなことにあなたのソファが分解可能な場合、一息つくことができます。引っ越し作業はより楽になりますから。だからといって、より簡単というわけではありませんが。

まず最初に、取り外し可能な座面やクッション部分をすべて取り外します。 そうすればかなり軽くなります。 そしてしっかり梱包するのを忘れないでください。引っ越しは汚れますから。 シェーズロングタイプのソファの場合、最も長い部分、つまりこの家具の名前の由来(「長椅子」の意)となっている部分をまず取り外します。 各パーツがどのように組み立てられているのかを後で忘れてしまうと思われる場合には、デッサンまたはスケッチを描くことをお勧めします(予防対策を講じておくことに越したことはありません…)。 次に、ドライバーなどの工具を活用して、途中でパーツをなくしてしまうことのないように気をつけて残りのパーツを分離します。

ひとたびこの部分の分解が完了したら、今度はリクライニング可能な背もたれやアームに進みます。 これは各家具メーカーによって異なります。それぞれがヘッド部や背もたれのリクライニングに異なる方法を用いているからです。 コツのひとつとして、アームチェアの背面の縫い目の部分を観察するというのがあります。ソファをリクライニングさせるためのハンドルやその他のエレメントのすべてをここに設置しているメーカーが多数存在するからです。

Decoracion4

Haruka 55Matsue 55Mika 28Mika 55」コレクション(Visual Textures by Aquaclean」のファッションブック16

すべてのパーツをトラックに積み、新居に向けて出発します。 引っ越しでよく紛失する小さなパーツの行方をよく監視するようにしてください。特に、途中でぶつけたり壊れたりしないよう、アームチェアをよく梱包しましょう。

ソファを再び組み立てるには?

家に到着するとほっとしますよね? けれどもまだ荷ほどきや組み立てを行わなければなりません。 必要に応じて少しずつ荷ほどきするようにしましょう。 熱狂的にすべての荷ほどきに取り掛かり、パズルのピースをすべて同時に並べてしまうと、混乱してしまうことがあります。

Aqua_3

Naomi (316) 」コレクション(「Visual Textures by Aquaclean」のファッションブック16

人生におけるほとんどすべての物事がそうであるように、力より器用さの方が役に立ちます。ですから辛抱強く一つひとつ片づけて、ピースを再び集めるようにします。その際、どのピースも忘れないように気をつけましょう。

いずれにしても、自分の限界をよく認識し、荷物のガムテープをはがす力も出ないだろうと思われる場合には、器用な友人を集めて大変な作業は任せるか、業者を雇った方がよいでしょう。 これは経験に基づいた意見です。この選択肢は失敗することがありません。