ミニマリズム、インダストリアルスタイルおよびヴィンテージスタイルを理解するためのヒント

22/06/2017 AquaClean Technology

ミニマリズム、インダストリアルスタイルやヴィンテージスタイルとは? インテリアやインテリアデザインの世界では、このようないまひとつわからない何百もの言葉に出くわすことがよくあります。

インテリアのトレンドやスタイルの場合がそうです。一夜にして脚光を浴び、ブログ、雑誌、フェリア、講演、ソーシャルメディアなど、そこかしこに出現するようになることがよくあります。

Aquaclean tecnology.jpg

Linova y Euforiaコレクション(「Visual Textures by Aquaclean」のブック15

このような情報の氾濫は多くの場合逆効果となり、何について話しているのかわかる代わりにますます混乱を招くことになります。特に、大半が英語を語源としている用語の場合がそうです。それらは今はよく使われるけれども明日にはもう見かけなくなってしまうのです。

ちんぷんかんぷん、ということにならないよう、このブログでここ数年で最も人気のあるファッションやトレンドに関するおさらいをしてみましょう。そうすれば、物事の仕組みを理解し、あらゆる種類の疑問を解消し、できることなら、ボキャブラリーを豊富にすることさえできます。 ご注目ください!

ミニマリズム

ポップアートより派生した、カラフルなスタイル、マスメディア、市販品、そしてその以前の時代の特徴であった重たい外観と対照を成す美的トレンドとして20世紀後半に台頭しました。

Aquaclean tecnology.jpg_1

Haruka y MikaVisual Textures by Aquaclean」のブック16

ミニマリズムは、多くの機会に考慮すべき「レス・イズ・モア」というモットーに基づいています。 全スペースを埋め尽くすのではなく、むしろほんの少し色味を添え、快適で機能的な空間を作り出すのに必要不可欠な家具のみを置いてスペースを確保します。

ミニマリズムに特有の特徴として、円、正方形、長方形、菱形、六角形など、ベーシックな幾何学図形の使用が挙げられます。

sofa_20

 

Kabuki」 コレクションの六角形モチーフ(by Aquaclean

つまりこの美的トレンドでは、ストレスの多い現代において必要不可欠な平和や平穏の感覚を伝えるためのシンプルさを求めています。バロックやロココ調のようなスタイルに特徴的な「ホロル・ウァクイ(空白恐怖症)」から遠ざかっているのです。

ヴィンテージスタイル

現在最も流行しているもうひとつのトレンドは間違いなくヴィンテージスタイルでしょう。これは何か古い物を指す言葉で、家具、洋服、デザイン、音楽や人にまで当てはめることができます。

100%ヴィンテージの空間を作り出すこともできますが、インテリアデザイナーは常に、ヴィンテージとより近代的なスタイルを組み合わせることが最良の選択肢であると勧めることでしょう。そうすることで、ヴィンテージの要素を一層強調することができるからです。

sss

アール・デコまたはラスティック(田舎風)のようなスタイルがその一例です。しばしばヴィンテージのエレメントを導入することで、折衷主義の素晴らしい効果が達成できます。

けれども実際のところ、何がヴィンテージとみなされるのでしょうか? 基準によると、90年代以前に作り出されたすべてのエレメントがヴィンテージとされています。 現在中でも最も高い人気を博しているのは20年代や70年代の装飾品です。 ですから、残念なことに私自身もヴィンテージとみなされることになります!

ここで、ヴィンテージスタイルとレトロを区別することが大切です。 前者は各時代に作られたオリジナル品であるのに対し、後者は単なるイミテーションです。

インダストリアルスタイル

最後に、今人気上昇中で多くのカフェテリア、オフィスや家庭で見られるインダストリアルスタイルをご紹介します。

このスタイルは、柱、天井や壁だけでなく通気管や水道管などさえもそのまま残して各空間本来の構造を最大限に尊重するという考えに基づいています。 非常にアーバンで、その名が示すように「インダストリアルな」スタイルです。過剰なエレメントや装飾を避け、産業革命当時の工場を思い起こさせる「雰囲気の無さ」を特徴としています。 空間は仕事や日常生活に必須なエレメントのみで満たされており、余分な物はありません。

sofas4_2

使用される素材として、容易に組み合わせることができ、見た目に魅力的なアルミニウムなどの金属、煉瓦、セメント、木材やガラスなどが挙げられます。 このスタイルでは入れ物、つまり壁が重要な役割を果たします。 その意味において完璧なインダストリアルスタイルは、歴史観のある趣を添えるオリジナル(またはそうでない)煉瓦張りで実現することができます。

また、この種のインテリアでは光が非常に大切な役割を果たすことを強調しておく必要があります。ですから、大きな窓やカーテンを使わないことは、純粋なインダストリアルスタイルにおける主な特徴のひとつです。

前にも述べたように、この種のスタイルがヴィンテージスタイルと組み合わされているのをよく見かけます。それは現在この組み合わせが、インテリアデザインの世界におけるマストとなっているからです。

Telas de tapizados_6

どうですか?そんなに難しくないですよね。 ほんの2、3分かけていただければ、今ご説明したような用語は不可解ではなくなります。これであなたはもうインテリアの専門家です。 ですから、あとは実践に移すのみです。現在市場で見つかるこれらのスタイルや他のスタイルに関する膨大な情報と比べれば、これはほんの氷山の一角にすぎないのですから。