インテリアデザインにおいての生地の重要性

11/07/2018 AquaClean Technology

評価されるインテリアデザインやデコレ-ションの分野において、生地や織物はとても重要な役割を持っています。

特定のスタイルや見た目を完成させる時、その特徴あるリビングを好みのスタイルに仕上げるため、生地は基本的なアイテムの一つです。色や生地の種類などの専門分野をご覧くだされば、仕上がりを“simply the best”にするには、コンビネ-ションの方法を理解していなければならず、いつも簡単というわけではありません

rustica

田舎風のRustikaからVisual Texturesまでアクアクリ-ンの革新的なテクノロジ-で作られたアクアクリ-ンのいろいろなコレクションです

カラ―

現在の市場では、膨大な種類のカラ―の生地があり、家具や、床、壁、またはリビングの小物やその他の家にある色々な物との一番良いコンビネ-ションを考慮しようとすると、生地を選ぶときに迷いますね。

選ぶ色のト-ンによって2つの正反対のインテリアが作り出せます:温かさと涼しさです。暖色は目立つ赤やオレンジなど;対して寒色は青や緑、タ-コイズブル-などです。

visual

コレクション ムーン324(ソファ、小さなクッション)-オタル324(大きなクッション)アクアクリ-ン Visual TexturesのBook17より

一方を選ぶかもう一方を選ぶか、リビングに暖色を加えるか寒色を加えるかがとても重要なキ-となります。例えば光の入る明るい部屋、もしくは白っぽい壁の部屋のインテリアデザインをする場合、太陽の自然な光で温かみがあるので、生地には寒色を使って遊んでみると、そのコントラストはとても素敵でフレッシュなものとなるでしょう。

その反対にあまり光の入らないリビングのインテリアデザインをする場合、暖色を加えると居心地の良さを感じられる効果が得られます。

重要なこと:暖色と寒色、明るい色と暗い色を混同しないことです。あまり光の入らないリビングなどには、その空間全体に最大限の光を集めるため、明るい色を選択することはとても重要です。対して光が十分にさす場所にはもう少し冒険を試みて暗い色を使うこともできるでしょう。

color_1

生地の手触り

ですが、色だけが重要というわけではありません…幸運なことに今日では無限の数の手触りの生地やいろんなタイプの織物が存在します:ウ-ル、コットン、帆布、ジャガ-ド織、革、ベルベット、シルクやラルゴ織などなど。

市場で手に入れられるこの多彩な生地のおかげで、柔らかさやザラザラ感、凸凹感、硬い感じやもろい感じなど、それらを組み合わせて好みのものへと私たちの家をデザインできます。

fgh

田舎風のRustikaからVisual Texturesまでアクアクリ-ンの革新的なテクノロジ-で作られたアクアクリ-ンのいろいろなコレクションです

クラシックな雰囲気を作るには、気品あふれる生地や一貫して洗練された生地の使用をお勧めします。例えばビロ-ドやシルクなどがそのようなタイプの空間には最適です。ブロ-ドの張り生地などもいいアイデアで、幾何学模様とブロ—ドの組み合わせは、リビングに特別な効果をもたらしてくれます。

田舎風のリビングの場合は、麻や帆布などを使い繊維質な生地で重みを与え、その他のデコレ-ションに特徴を持たせ、正しくエスニック風にするのがお勧めです。

tapizados_9

田舎風のRustikaからVisual Texturesまでアクアクリ-ンの革新的なテクノロジ-で作られたアクアクリ-ンのいろいろなコレクションです

一番モダンで流行のスタイルの良い点は、機能性に優れているということで、どんなタイプの生地を選ぶか、という時には簡単なようです。コットンのように唯一、どんな物とも相性が良い自然で清潔感あふれるタッチの生地を探しましょう。

 

このバラエティあふれる生地や、多彩な色の生地と同じく色々な手触りの生地など、諸刃の剣と同じで、困惑する原因となるかもしれないため、アクアクリ-ンは色々なものを組み合わせ始める前に、どんなリビングやどんなスタイルにしたいのかを事前に学ぶことをお勧めします。それから遊び心も加え楽しみながら、あなたの家があなたのパ-ソナリティを反映しているような、本当に望んでいるインテリアとして創り出してください。