spinner

“地球は先祖から受け継いだ遺産ではなく、子孫へ残すために借りているものである”

マハトマ ガンディ—

アクアクリ-ンはPFCs(過フッ素化合物類)を使用していません

アメリカ合衆国やヨ-ロッパでは、PFC’s の使用が始まった1950年代から汚染問題が起こり始めました。

PFC (過フッ素化合物類) は、人工的に作り出された化学物質の一種で、自然環境に悪影響があることで有名なものです。沢山の企業が各自の商品作製のために使用しています。

フッ素ガスは冷却システムや消火器、電子工学、医薬品の生産、コスメティックや生地製品などの産業用生産に使用されています。ですが現在では多くの企業がその有害な影響を原因に使用を廃止し始めています。

生地製品の分野では、PFC (フルオロカ-ボン、パーフルオロカ-ボン) は人工的物質で、水や油、一般的な汚れから生地を守るというその効果が評価され、使用されています。

生産工程、掃除や廃棄物になるまでの耐用年数の重視化により、このようなタイプの物質はご使用の生地から蓄積され発がん物質となる可能性があり、人体に悪影響のあるこれらの化合物を作ります。このような化合物はイルカや北極熊の肝臓のような動物や、人の血液から発見されました。その上PFCは甲状腺や不妊にも悪影響を及ぼし、人間の腫瘍の成長を促します。

このような原因から2011年からグリ-ンピ-ス (https://es.greenpeace.org/es/) は繊維工業の特定のメ-カ-に危険物質の使用の廃止をお願いしながら、PFCにのレベルの詳細な分析を始めました。そして現在では多くの企業がそれに従っています。

グリ-ンピ-スはPFCによる環境汚染問題を所有者に定義し、マニフェストしています。

  • フッ素の多量使用
  • 生分解性ではないこと
  • 環境への高い永続性

その上、このような分子は私たちの水資源、川、湖、沼地や海などに簡単に拡散する可能性を持っており、一度自然環境に放出されると、何世代にもわたり持続します。

このような様々な欠点が原因で、欧州委員会 (https://ec.europa.eu/commission/index_es) は企業の工場が各自の製品への使用を控えるよう、緊急にこのような化合物の使用を減らす提案と、危険な化合物のリストを刊行しました。

この欧州委員会の発案はその活動と、2012年から行われているグリ-ンピ-スのキャンペ-ンと相まり、市場製品のPFC-Freeへの技術の選択肢数の重要な増加へと導きました。

Aquacleanはこの発案に加え、未来の世代への遺贈物とするべく、私たちの責任と考え、このような化合物の使用を避け、PFC’sに変わるようなより高い技術、より長い持続性、そしてeco-friendlyになるよう、他の代替案を探しています。

ここ数年間、このような発案の意図である、私たちの健康を大切にすること、環境を守るなどを支持することへの重要性を感じ、Aquacleanでは当社の生地の製造にはPFC’sは使用しておらず、団結することで消費することへの責任を持ち、PFCフリ-主義のグリ-ン調達を支持することが定着してきています。

pfc free