• 選択の重要さはその空間の最終的なデコレーションにかかってくる決定的なものであり、完全にその空間のコンセプトや雰囲気を変えることができます。

    今回は家の中のどの空間でも、デコレーションするときどんなケースがあるのかについてお手伝いしたいと思います。ここからが良いところですので、このまま進んでお読みください。

     02_1

    デコレーションしたい空間のための生地について考えるとき、常に原点は何かを明確にしておくべきです。例えばソファは一番大きな家具であるため最も目につきやすいものなので、一番初めに考えるべきもので、そこから順番にカーテンや壁紙など他の家具についても考えていくべきでしょう。

    どのようなものがいいのか決心が付ききれていないようであれば、ニュートラルカラーを選択するのはお勧めで、後にいろんな組み合わせも可能で他のクッションや椅子、アームチェアなどとのコンビネーションも簡単になるでしょう。

     

    どういった雰囲気にしたいのか?

    色についてはいつも思案の対象ですが、もうご存知のように各色事により、何かを吹き込み感情や気持ちを与えてくれます。青、紫、グレーは平和やリラックス、落ち着きを与えてくれ、温かみのある色は活力や幸せを感じさせてくれます。もしナチュラルや田舎っぽさのある雰囲気を作り出したいのであれば茶系や緑は最適な選択となるでしょう。全てはどんな雰囲気にあなたのリビングを仕上げたいのかによります。

     

     03_1

    コレクション:赤:ソファミスティック65-クッションテスカ08・ミリナ21/

    生成り:ソファ:アティコ02-クッションミスティックAC50/茶色:ソファミスティック131-クッションミリナ07・テスカ31  Book Visual&Sensations よりアクアクリーンのコレクションをご紹介します。

     

     

    クラシック?それともモダン?

    いろんなスタイルを組み合わせるスタイルは引き続き流行ですが、使用する生地や色について考え始めたとき、どんなスタイルでどんなラインにしたいのかを明確にし、正しいビジュアルの一貫性を持つことは、あなたのリビングにある全ての物を統一させ、そこがまるで遊園地かのように感じさせないために必要です。良いアイデアの一つとしては、ひとつの色やテクスチャーをベースとし、それをリピートしながら使用し、そのうえに多彩な色を組み合わせていくことです。想像以上に簡単でしょう。全ては始めることから始まります!

     04_1

    ソファミリナ29-クッションミスティック18  Book Visual&Sensations よりアクアクリーンのコレクションをご紹介します。

     

    小さな空間も広く感じるように

    もしデコレーションしたい空間があまり大きくないとしたら、無地の生地や小さな柄、もしくは軽い素材の生地を選択することは、空間に必要以上の重さを与えない良いオプションでしょう。麻やシルクは空間を広く感じさせることに適した素材です。そしてグレーや生成りなどは組み合わせしやすい色のトーンでもあり、空間を広く見せる効果があります。試してみて結果を教えてください!

    あなたが住む家の生地の全ての正しい選択ポイントはもっと増えましたね。実行に移してみると想像よりも簡単で、リビングはもっと居心地よく楽しめる場所になるでしょう。

    戻ります